Draft-Mission

持続可能な農業へのシフトを加速する

農業従事者の減少、高齢化による人手不足、環境負荷の小さい農業への転換など、持続可能な農業を実現するためには、解決しなければならない課題が多くあります。

テクノロジーによる有機農業の自動化を進め、持続可能な農業へのシフトを加速することがトクイテンのミッションです。

image

Who are you

テクノロジーを活用して有機農業を自動化する

トクイテンは、テクノロジーを売る会社ではありません。 自らがプレイヤーとして有機的な農業生産を行いながら、AIやロボットの技術を活かして自動化していき、持続可能な未来の農業を作っていきます。

Issue

有機農業への転換が必要

現在主流となっている慣行農法は、製造過程で温室効果ガスを排出する化学肥料を使うのが大前提となっています。

これまでは多くの人の飢えを避けるため慣行農法が必要でした。しかし、今後も増え続ける人口を支えるには環境への負荷が限界に来ています。その解決策の一つが循環型農業(有機農業等)への転換です。

ちょうど自動車業界においてガソリン車から電気自動車に置き換わっているのと同じ構造が農業の分野でも起きようとしています。

これを固有名詞を抜くなどしてシンプルにする
これを固有名詞を抜くなどしてシンプルにする

農業の担い手不足

日本の農業は、農業従事者の高齢化と減少に伴い深刻な労働力不足に直面しています。この傾向は今後さらに悪化することが予想されています。

image

手間のかかる有機農業

従来の慣行農業と比較して、有機農業は除草や病害虫の発見・駆除の手間が多くかかります。

労働力不足が進行する中、有機農業への転換を進める上での課題となっています。

image

Market

有機食品市場は今後大きく拡大

有機食品の需要増加、持続可能な農業の重要性の高まりなどから、有機食品市場は今後拡大が見込まれます。

image

株式会社トクイテン

〒453-0012

愛知県名古屋市中村区井深町1番1号 新名古屋センタービル 本陣街142号室

代表取締役 豊吉隆一郎

設立 2021年8月6日

ニュースレター